結婚式場に電報を

結婚式に招待された場合には参加をするのが常識ですが、誰でも結婚式当日に都合がいいというわけではなく何かしらの理由や急に用事が入ったりして参加することができないということも多々あります。
しかし参加しない場合でも何の祝いもしないというのは招待された身としてあまりマナーのいいものではありません。
何かしら祝うことを表現する形が必要です。

その祝う形として送るのが電報です。
基本的に電報は自分が参加できなかった代わりに結婚式場へ言葉として送る手紙ですが、最近では言葉だけでなく花やぬいぐるみといった品物を贈ることもあります。
もちろん祝いの言葉だけでも送れば祝うことはできます。
電報を送るとなるとポイントになるのがどう送るかといつ送るかです。
遅れても祝うことはできますが結婚式場に送るのに比べると台無しになってしまい、逆に早すぎても保管に手間をかけさせてしまいます。

電報を送る方法としては何があり、時期としてはいつ結婚式場へ送ればよいのでしょうか。
送ることばかりではなく電報の内容自体も気をつけなければいけません。
マナー違反となると祝うどころか失礼になってしまい自分への印象が大きく悪化してしまいます。
そのためよく考えて書く必要があるのです。
では電報を送る場合にはどのような内容を書けばよいのでしょうか。

ちなみに参加するのが面倒で電報だけを送るというのはいいことではありません。
実際に人間関係の都合で参加するのを躊躇うという場合もあるかもしれませんが、相手からすれば祝って欲しいから参加を呼びかけたのでできるだけ電報で終わらせずに参加して祝うのが一番です。

Copyright © 2014 結婚式場に電報を送るには? All Rights Reserved.